基礎配筋検査

先日、砺波市東石丸の建売住宅の「基礎配筋検査」でした。
新築住宅瑕疵保険に加入していますので、建築中の決まった時期に検査が入ります。
何をチェックされているのかといいますと、基礎の鉄筋の太さや間隔が適正かをチェックされています。
次の瑕疵保険の検査は、上棟後の「躯体検査」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。